lead an easy life*

ミニシュナのぼぅちゃん&ふぅふぅと桜花の日々徒然
MENU

楽 緩和治療2

8月2日夕方、病院へお迎えに行くと朝とは全然違う!
いい方に状態がすっかり変わっていて、私達は心配顔から一気に喜びの顔。
預けたときは熱が40度越えてたようで、解熱剤の注射と抗生剤の点滴、
午後はまだ39度あったのでさらに抗生剤の点滴をしたとの事。
トリミングもきれいに全身してもらっていた。

帰宅してから、お水もしっかり飲んでごはんもがっつり通常の量を食べた。



楽 緩和治療2 その1

食後のお顔、こんなにしっかりした姿が見れてホッとした。


夜になるとまた熱が出るかなと心配してたけど、一晩中熱くなることはなかった。
呼吸もかなり楽そうでスースー寝ていたけど、定期的にピクピクっと痙攣のようになる。
(これは3日になってもまだ続いている。)


8月3日朝、

いつも起きる時間にしっかり目が開いてる。
お外に連れて出ると昨日とは違ってしっかりと立てた。


楽 緩和治療2 その2



この時、しゅーちゃんはあさんぽに出てたんだけど、
帰ってきたことに気が付くと数歩走って行った。
えっ!大丈夫か!!ってコケるんじゃないかと慌てて追いかけたほど(^-^;



楽 緩和治療2 その3



こんなとき、やっぱり家族の力はスゴイなって思う。
しゅーちゃんがいることで元気が出る。
一緒に食べたいから、一緒に歩きたいから、絶対に負けんとよ~!

10分ほど外で気分転換した後、ごはんをしっかり食べた。
大好きなヨーグルトも口にできて満足気。

昨日まではマジ心配で心配で、呼吸確認してたほど。
注射や点滴の力もあってかここまで復活できてとても嬉しい。

まだ自分で起き上がることはできないし、寝たきり状態だけど、
お薬は今夜で4回目、明日から3日間お休み日なのでちょっと回復してくれるかな。




楽 緩和治療2 その4



朝からいっぱい頑張ったので休憩中のがくさんです。

楽 緩和治療始めました

楽 緩和治療始めました その1



7月31日、かかりつけ医にて緩和治療開始。
お薬は赤丸の日が4日続き、青字の日が3日続く。
青の日はステロイドと抗生剤のみ、
赤の日はプラス「エンドキサン」

お薬が効けばしこりが小さくなるらしい。
効果があればいいなぁ


31日の夜、ごはんに混ぜておくすりモグモグ。
8月1日朝


楽 緩和治療始めました その2



ちょっとダルそうな感じ、食欲はあるけどなんとな~く変かな?


楽 緩和治療始めました その3



横になってるけど、お顔はしっかりしてる。

時間経過とともに徐々にだるいのが激しくなってきた様子。
高熱で体が熱く元気もない。
全身の力が抜けてしまっていて呼吸も激しい。

なんかね、心配になってしまい夕方先生に診てもらいました。
熱は40度を越えていた。
解熱剤の注射と抗生剤の点滴、
これで一旦熱が下がった時にごはんをあげる。
このごはんには2回目のお薬。

一旦下がった熱もまたどんどん上がってきて、夜中から朝方にかけてすごく熱かった。


8月2日朝


楽 緩和治療始めました その4



とにかくきつそう。水もごはんもおやつも、なにも口にしない。
オシッコだけは外に連れて行ったらジョジョジョとしてくれた。
でも力が入らないので立てない。

楽 緩和治療始めました その5



目を開けるのも辛いのかギュッと閉じたまま。



今日はトリミングの予約をしていたので、顔回りとかできるところだけしてもらう。
病院でのトリムだから、ぐったりしているがーさんを一日預かってもらえてちょっと安心。


がーさんの体が一生懸命に戦っている。
すっごくキツイだろうけど頑張って!
回数を重ねていくと段々と楽になってくらしいので、
今は見ててとっても辛いけど元気に過ごす日々がすぐにやってくると信じて!

いやとよ~

日差しが刺さるほどの暑さでお散歩も難しい日々。
今日は風があるね~とか曇り空だね~って時のみで夕散歩。

ショートコースをゆっくりゆっくりと。
がーさんペースの休憩多めのお散歩、
しゅーちゃんもしっかり待って一緒に歩く。

ちょっと前までは「待つ」なんでできなかったけど、
お勉強の成果がこんな時にしっかり表れてる^^

30分くらいのお散歩タイムなんだけど、この日はちょっとお疲れの様子。
もうちょっとでお家だよってときに、

いやとよ~ その1

「あるきたくないとよ~」


ペタンと座り込んで動かない(^-^;



いやとよ~ その2

「わし、もううごかんとよ~」

しょうがない、ダッコだ!



いやとよ~ その3

「おせわかけるとよ~」

ダッコされてるがーさん、申し訳なさそうな表情が笑えたw



がーさん、8月3日に再診で生検してもらおうと思ってたけど、
さて、どうするかな~とちょっと思案中。
リンパのしこりがけっこう大きくなってるし、あと数日とはいえ待てるか?

そう思っていた時にかかりつけ医から生検の必要はないとの言葉。
レベルがわかっても寿命はその子その子で違うから一概には言えないよ、って。

待ってる数日の間もがーさんは辛いだろうなって思うとね。
早く緩和治療を始めた方がいいかなとか、考えてます。


ひっぱりっこ

ひっぱりっこ その1



しゅーがくさん、なにしてるかっていうと



ひっぱりっこ その2




しゅーちゃんがハムハムしていた長いアキレス
もそもそ動くアキレスの端っこをみつけて、
「おいしいがあるとよ~♪」と飛びついたがくさん。



取り上げるつもりは全くなくて、楽しくカミカミしてるんだよね。
でも、しゅーちゃんとしては取られるかも!って焦ってる。





ひっぱりっこ その3



必死に取られまいとアキレスを咥えてるしゅーちゃん
なんといってもパワーの違いがあるからねぇ(^^;




でもまぁ、ケンカにならないのがこのコンビの良いところ!




がくさん、穏やかに日々過ごしてます(^-^)

楽 診察結果

楽 診察結果 その1


日曜日、かかりつけ医にて大きな病院で検査をと言われ
設備の整った病院へ行ってきた。
先生からの紹介状を渡しざっと状況を伝え検査してもらった。

伺ったお話や気持ちの整理、
いやまだ整理はついてないかもしれないけど、
以下、備忘録を兼ねて。



---がくさん リンパ腫脹診断の備忘録--- 

R3.7月18日 多中心型リンパ腫との診断
 
リンパ腫の中でも8割が多中心型リンパ腫

多中心型リンパ腫は最初に見られるのは体表リンパ節の腫れで、
がくさんは体表のすべてのリンパ節が腫れている。
体表リンパ節→体腔内リンパ節→脾臓、肝臓に浸潤→骨髄に浸潤とすすんでいく

エコー検査では、蜂巣状エコーが見られる
(蜂の巣の穴のように見える)
特に腹腔にたくさんのボコボコ蜂の巣状、これは腹腔内リンパ節が腫れてるから。

今回の血液検査では特に異常は見られない。
(という事は、まだ初期?)

触診、血液検査、エコーの結果、多中心型リンパ腫の可能性が大きい。
生検することで状態がはっきりわかるのだけど、
現時点では3週間ほど服用していたステロイドの影響があり正確な結果が得にくい。
2週間服用せずその後に生検をする(もしくはしない選択もあり)

リンパ腫だとして、積極的治療方法は抗がん剤療法のみ(外科治療はない)
リンパ腫は抗がん剤がとても効きやすいらしく寛解が見られることも多いとの事。

抗がん剤療法としては
・多剤併用療法を半年、その後再発があればさらに治療をしていく。
・再発の治療方法はレスキュー療法(単体での治療)

抗がん剤療法を行った場合、
半年で再発する子、3年生存した子、それぞれでなので一概には言えない。

抗がん剤療法を行わない選択肢としては
・緩和療法→ステロイド剤投与

痛みや苦痛を極力取り除き生活を維持していく。
緩和ケアの場合余命は短い。




2週間の待ち時間の間に
・生検を行うか
・治療方法はどうするか
を考えなくてはいけない。

抗がん剤療法は治療費が一回に3万円ほど、最初は週に一回
徐々に間隔を月に1回まであけていく。
半年間で5、60万円ほどと考えておかないといけない。
再発の場合はさらに費用がかかる。


さて、どうする。
まず生検、
今の状態を正しく判断するためにも必要だと思う。
抗がん剤治療をしないのであれば生検は必要ないとも言われたけど、
いまどのステージなのかを知ることは必要なのかなと思う。
今後状態がどう変化していくのか、今は食欲も元気もある。
だけど近いうちに大きな変化が見られるようになるのかもしれない。
今の正確な状態、はっきりとした診断、それによって余命も判断できるのではないか。


治療に関しては、
今の段階では積極的治療は行わない考え。
延命できたとしても抗がん剤の副作用で辛い思いをさせるかもしれない。
緩和ケアでゆっくりがくさんのペースで生活していく事が望ましいのではないか。

完治できるものなら抗がん剤治療の選択もあるだろう。
でも寛解ではぬか喜びのように思う。
が、一緒に居られる時間が長くなるであろうことにすがりつきたい思いもある。
とても複雑な心境。


検査結果を聞きながら、聞き漏らさないように、しっかり頭に入れなければと
必死でお話を聞いていて淡々としていたんだけど、
時間とともに徐々にしみてくる。
ゴハンに喜ぶ姿、お散歩でアイコンタクトとりながらお利口アピールの表情、
すやすやの寝顔、可愛くて可愛くてたまらなく可愛い。

緩和ケアでいいのか?
余命短くていいのか?

喉元の腫れに気付いた時、一瞬不安になった。
お腹で息してるよなとか、息荒いなとか、お腹膨れてる?とか、
ちょっとしたことに気付く度に打ち消して打ち消して、
いやすぐに腫れも引くだろう。元気だし。大丈夫大丈夫!

でも突きつけられた結果に動揺することもなく、
私、覚悟できてたのかもとか思ったけど、
思考?感情?が追い付いてないようだ。
え?いなくなるの?って一瞬現実を感じ目が潤む。


今の状態が悪い方だとして、あとどれくらい?って尋ねたら
1年くらいでしょうと言われた。
ネットで調べると治療をしない場合は1,2ヶ月と書かれている。
そんなに短いんじゃ2週間待ってる余裕なんてないじゃない。
きっと1年だよ!


家族になって1年半、
まだまだ楽しんでほしいのに残り少なくなってしまったよ。


8月3日、再診。



楽 診察結果 その2

しゅーがく、定位置
長座布団を上手に折りたたんで枕を作るのが得意ながくさん。


楽 診察結果 その3

わし?

そう、わしのことよ~寝床作りが上手だもんね。



楽 診察結果 その4

喉元のぷっくり、わかるかな?

仲良し

仲良し その1



車内では二人とも後ろの席にいるんだけど、
この日は前に来たかったらしい。
大小並んでセンター、ミニ座布団の幅によく収まってること。


仲良し その2



しゅーちゃんがここにくる目的は↑
あたまなでなで!
これ、ずーっとずーっと催促してくる(かなりしつこい)



日曜日、がくさんのリンパこりこりを診てもらいにいってきた。





仲良し その3


そして夕方、ちょっと涼しくなったのでロング散歩。

ふたり並んで歩いてるので写真パシャ!


仲良し その4

あれ?


もいちどパシャ!!


仲良し その5

おい(-_-;)



アイコンタクトとりながら歩くがくさんをパシャ!!!


仲良し その6

おそい!!(;一_一)



珍しく仲良しな姿に動揺したらしいワタシw