lead an easy life*

ミニシュナのぼぅちゃん&ふぅふぅと桜花の日々徒然
MENU

ふぅふぅ 三七日

ふぅふぅ 三七日1



8月20日、21日目

元気にしてるのか、ぼぅちゃんに会えたのか、
全く気配を感じることもなく、夢にも出ず・・・
ってことは楽しく過ごしてるってことなのかな

最近、ふと、
ふぅふぅの体調で何かを見落としたり、見逃したりしたんじゃないか
と思うことがある

元気にご飯も食べてたのに、急に弱るなんてどこか悪くなってたのかもしれない
亡くなる前日のガーガーと大きな呼吸音は肺炎をおこしてたんじゃないかとか

後悔なんて全くないと思ってたのに、
日が経つとやはり一通りの後悔が過るものなのか

いない事が不思議なくらいにいて当たり前の存在だったんだなと、
毎晩おやすみの声をかける度に思う



ふぅふぅ 三七日2




ブリーダーさんちにお迎えに行った時から、ずーーーーーーーっと
こうやって見つめ続けてたもんね

なんでいないんだろうって不思議な感じだよ
やはりまだ亡くなったことを理解できてないのかなぁ


pinkdot.gif


そうそう、ふぅふぅの三七日の夜
十数年ぶりにレオの夢を見た

おかえり~ってその大きな体を抱きしめた
傍にはレオより一回りほど大きな黒っぽいもこもこしたワンコさん
お友達ができたんだ よかった って思ったけど、
あれ?ライちゃんは?
いつも一緒に帰ってきてたのに、なんで今は一緒じゃないんだろう

もしかして、ふぅふぅはライコだった?
ストーカーぶりとうるちゃいお口はふたりの共通点
あ、そして女子力高めなところも(笑)

その事をレオは教えに来たのかな?



なんて、勝手な解釈ですが(^^;


もしそうだったら嬉しいな~ってかあさんは思うよ


レオとライコの日

6月12日 ライコの命日、8月4日 レオの命日
今年も、おやつとごはん、ミルクなど喜びそうなお供えを持ってお参りに
食いしん坊でなんでも食べたいのに、お腹が弱くて食べれらなかったレオ
お供えだったらお腹も大丈夫でしょ~
逆にお腹丈夫でなんでもバクバク食べてたライコ
レオの分まで食べてるかも!


ふたりがいたのはもうずーっと昔だから(レオ1992年生まれ、ライコ1993年生まれ)
今みたいにおやつやグッズが簡単に手に入らなかったなぁ・・・
まぁ、田舎だってこともあるんだろうけど (^_^;)

お誕生日にジャーキーあげたらすっごく大喜びで、目がキラキラしてたけど
翌日お腹ピーピーになったレオ
おかげでお祝いの日でもいつものフード以外口にすることはなく・・・
でも、夏の暑い時だけは冷奴やキャベツ、そうめん、かき氷なんかあげてた
どうせ暑いとお腹緩くなってたし、それなら好きなもの食べさせてあげようって(^^)
喜んでたおっきな口でバクバクたべてたな~

ライコはなんでも食べれて幸せ者だったけど、なぜかバナナが大嫌いで
匂いすら顔をそむけて嫌がってた
美味しいのにねェ

今思えば、一緒に過ごしたのはほんの短い時間であっという間だったけど
思い返す事はいろいろとあり、幸せな時間だったと思える
レオとライコも同じだろうかと思いながらお盆を迎える

仲良く一緒に帰っておいでよ!!
(ヾ(´▽`)ノ オカエリィ・。゚.☆





レーちゃ~ん!

セミ、休憩中?

☆写真は2日の我が家のプチトマトとセミさん
お天気ぐずぐずな土曜日、こんなところで休憩中のセミ発見
トマトとセミって・・・ありえへん!じゃ~ないですか?

で、翌日はしっかり雨
トマトの様子を見ていたら・・・あれ?まだセミがいるし、しかも全く動いた気配なし!
これってさぁ・・・息絶えたのか?
と、地に下してあげようと手を伸ばしたら

「ジジジジジ・・・・・・!!!」と大きな声で鳴きながら飛んで行きました

生きてたのか・・・


スマソッ _| ̄|○))



☆3日ほど前から室内にかべちょろベビーがうろちょろ
お父さんとお母さんは玄関外灯付近にいたんだよね~
ベビーひとりで家の中に入り込んじゃって、きっと父と母は心配してるぞ!
しかし、ベビー、そう簡単にはつかまりません

これまた土曜日の夜の事
ふと目をやった台所の窓にベビー発見!
これは外に出すチャンス!!!

そっと窓を開けるとビックリして隠れた

(っ_<。)アチャ


しばし待ってるとまた現れたので、またしてもそっと窓を開け、
隠れるベビーを外に追いやる
すると、窓の外に向かってダイビング!

よしよし、これでお家に帰れるね~
父と母もホッとするだろう

・・・まさか外で迷子にはならないよね(;´∀`)



☆なんだか命と触れ合った週末
今日8月4日はレオの命日、
今年で13年になる
9歳2ヶ月で他界し、13年の月日が流れた
そろそろ生まれ変われる?

昨日、レオとライコが眠る山の納骨堂にお参りに行った
今度は小さなワンコになって生まれておいで
そうすれば、毎日毎日、24時間一緒にいられるよ

そう声をかけたけど、でもやっぱり、レオにはハスキーの姿が一番似合うね

最後の瞬間、立ち上がることもままならない体で
ゆっくり起き上がり、数歩歩み、私の顔を見つめた事
今でも鮮明に記憶に残っている
最後のお別れを言ってくれたんだと思う

私の「犬を飼いたい」という夢をかなえてくれたレオ
ありがと~
いっぱい、いっぱい、ありがと~




該当の記事は見つかりませんでした。