lead an easy life*

ミニシュナのぼぅちゃん&ふぅふぅと桜花の日々徒然
MENU

熊本県の遊水狭へ

16日の夜、久しぶりに甥っ子3兄弟がやってきてわいわい賑やかな宴
すっかり大人になった甥っ子達と杯を重る楽しい一時

しこたま呑んだ翌朝はタタっと掃除し、さぁ~でかけよう!
家にいても暑いし電気代ハラハラだしね
遊水狭までは2時間ちょい


熊本県の遊水狭へ1



はい、到着!
暑さを忘れるくらい心地よい♪
川床スライダーではお子様が楽しそうに滑って遊んでるよ^^
ワンちゃんは川下の方で水遊びできる
ぼぅちゃんは川遊び大好きで、ふぅふぅさんは大嫌いだったけど
しゅーちゃんはどうだろうね?


熊本県の遊水狭へ2



この日は景色眺めて涼んだだけで川遊びはしなかった
我が家から近場のぼぅちゃんお気に入りの川遊び場で初体験させてみて、
大好きだったらまた連れてこよう

ここはキャンプもできるんだよね~
料金も手ごろだし、自然イッパイで気持ちよさそうだよね

遊水狭  



とにかく日差しが強くて暑い暑い
どこか日影でお散歩できるところへ・・・・
ってことで瀬の本高原へ
レストハウスの駐車場わき、足元ふかふかでお散歩にちょうどよい
ぼぅちゃんとふぅふぅさんもお気に入りだった場所
一人になってちょっぴり寂しいしゅーちゃん、しっかり歩いてね



熊本県の遊水狭へ3



ここもキャンプできるんだよね~
阿蘇五岳を楽しめて気持ちいいだろうね
しかも温泉もあるしね
昨年ゆか家とのキャンプ後にここの温泉に入ったよ




熊本県の遊水狭へ4



しゅーちゃん、クンクンを楽しんでくれてよかった

そろそろお昼にしよっか~ってレストハウスに行ったら
1Fにあったうどんやさんがなくなり、
その場所にコンビにとカフェができてたよ
以前コンビニがあった場所は自転車屋さん?になってた

2Fのバイキングに行く?
でも料金分も食べれる自信がないので
レストハウス向かいの瀬の本茶屋でお昼ご飯


熊本県の遊水狭へ5

美味しかったです♪
写ってないけどご飯もついてる。めっちゃうま(⋈◍>◡<◍)。✧♡

三愛レストハウス  




その後、守護陣温泉でお風呂に入る



熊本県の遊水狭へ6




こちら24時間利用可のコイン式貸し切り湯
休憩室付きのお風呂には宿泊もできる
ただし、イヌさんは入れませんよ



守護陣温泉 



さあ、これで帰ってからは呑んで食べるだけ!らくちんだ(^^)v

しかし・・・
電気代節約のためにガソリン代めっちゃ使ってるってどうなの?

庭遊びのふぅふぅさん

庭遊びのふぅふぅさん1


何気ない日常でも残しておいてよかったと思う
チコさんお外派のしゅーちゃんに付き合って毎日庭遊び 

以前は駆け回っていたけれど、もうすっかりそんな体力はなく
とぼとぼと狭い範囲を歩くだけだったけど、



庭遊びのふぅふぅさん2


しゅーちゃんの後をついて回り、一人じゃないことを実感してただろうね
最後までこうしてとぼとぼと歩きながらチコもうんさんもしたふぅふぅさん

えらかったね

お顔をあげるのもしんどいのに、
やせ細った体で精一杯頑張る姿がどれほど愛おしくてたまらなかったか


庭遊びのふぅふぅさん3



引いては返す波のようにじわじわとね、
寂しさはしみてくるもんだね


お友達の事も、しっかりと頼んだよ


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社

上色見熊野座神社・高森阿蘇神社1



6月22日、熊本県高森町の上色見熊野座神社(かみしきみくまのいますじんじゃ)へ


以前から行ってみたかった神社
何度となく神社前は通っていたのに、なかなかご縁をいただけず
やっとご参拝することができた

社務所や御朱印はなく、地元の鎮守様のような神社で、
うっそうと茂る森に静かに佇む感じがとても趣があり、
その場に立つだけで心が洗われそうな、なんとも神秘的な神社


写真かなり多めです



上色見熊野座神社・高森阿蘇神社2


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社3



上色見熊野座神社・高森阿蘇神社4


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社5


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社6


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社7


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社8



拝殿から上を見るとぽっかりと穴が見える
(写真中央の明かりがさしている場所)

ここは穿戸岩(うげといわ)と言われる縦横10メートルの大きな風穴
以前は斜面を登っていたようだけど、現在は階段が整備されていた


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社9


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社10




木々に囲まれ、ここだけが別世界のような神社


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社11


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社12


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社13


階段、楽そうに感じたけど意外とはぁはぁしながら上った
ご参拝の方が多いかなと思っていたけど、案外少なくて
ゆっくりまわれたのでよかった



この後、高森阿蘇神社へご参拝

上色見熊野座神社・高森阿蘇神社14




こちらも静かな心地よい神社


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社15


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社16



歴史を感じる鳥居
元禄七年(1694年)建立とのこと

神社近くに神職様がいらして、ご自宅に伺うと御朱印をいただけます


上色見熊野座神社・高森阿蘇神社17



上色見熊野座神社、高森阿蘇神社とご参拝できてよかった
ふぅふぅさんもまだ元気だったので、ドライブがてらお散歩がてらと出かけたけど
最初は高千穂へ向かい車泊しようかなんて話してた
でも、ふぅふぅの体力を考えたら車で寝るのはちょっと厳しいかもって
行先変更したんだったね
この日から一か月と9日後にお別れになるなんてね

今となっては大切な思い出



上色見熊野座神社・高森阿蘇神社18


ふぅふぅ 四七日

ふぅふぅ 四七日1


8月27日 今日で28日目
もう一か月が近くなってきた

先週まであったお盆のお供え花も終わり、新しくお花をお供え
ふぅふぅが喜びそうなパステル系の色合い、見た目も可愛いトルコ桔梗とガーベラ



ふぅふぅ 四七日2

「うまそでつ♪いただいていいでつか~💓」

ってわくわくしてそうだけど、でも、食べてはいけません!(笑)




ふぅふぅがいなくなってから、しゅーちゃんはお散歩を拒否
ちょっと離れたところまで抱っこで行くと諦めて歩くけど、
家の傍だと速攻でUターン

とにかく飲まない出さないお方なので、お水飲ませるのもチコさせるのも一苦労
飲まなきゃ出るはずもないのでフードは茶漬け状態&野菜たっぷり

ふぅふぅ、しゅーちゃんに「飲みなちゃい!チコしなちゃい!!」
って指導しに帰ってきてくれたらなぁ


毎日、二人で帰ってきてね。お顔みたいよ。
って話しかけてるんだけど、やっとその願いを叶えてくれた
今朝方の夢、裏庭でブロックの上を歩いて遊ぶ二人の姿
私の足元にはしゅーちゃん
その後3わんで絡まるように遊んでた

めっちゃ小さくて両手サイズのおふたりさん
残念ながら顔は見えなかったんだけど、前にふぅふぅ、後ろにぼぅちゃんだった

ありがとうね(^-^)



ふぅふぅ 四七日3

ふたり一緒にいるんだね
安心したよ


ふぅふぅ 最後のお参り

7月27日 ぼぅちゃんのお参りにと高塚愛宕地蔵尊へ行った
大分県にあるお地蔵さんで神仏混淆形式のお地蔵尊
「高塚さん」が呼び名のお願いごとを聞いてくださるお地蔵様


ぼぅちゃんとふぅふぅも以前にえっほえっほと階段上ってお詣りしたよ
今日はしゅーちゃんが初めてのお詣り



ふぅふぅ 最後のお参り1





拝殿の後ろ、壁面には一面お地蔵様



ふぅふぅ 最後のお参り2




ご神木はイチョウの木



ふぅふぅ 最後のお参り3




そして拝殿


ふぅふぅ 最後のお参り4




この日は薄曇りで暑さはあったけど日差しは優しかった
ふぅふぅは歩くのは無理なので背負ってお詣りした



ふぅふぅ 最後のお参り5





前月、宇佐神宮へ行った時は顔を出せたのにこの日はしゃがみこんだまま





ふぅふぅ 最後のお参り6



「ふぅふぅねえちゃん、ちゃんと見てるでしゅか?」



ふぅふぅ 最後のお参り7



「ちゃんとみてまつ」




ぼぅちゃんが穏やかでありますように、
ふぅふぅが元気になりますようにとお願いした



ふぅふぅ 最後のお参り8




ふぅふぅ最後の写真
3人で一緒に撮った写真が生きてる間の最後の写真
顔見えてないけどね






お詣りしたあとは慈恩の滝へ



ふぅふぅ 最後のお参り9




日差しが強くなってきてカンカン照りの暑さになったのでふぅふぅは車でお留守番



ふぅふぅ 最後のお参り10



滝はおそらく初めてだろうしゅーちゃん、最初は笑顔だったんだけど・・・



ふぅふぅ 最後のお参り11


暑かったからね
せめて写真だけでも一緒に撮ればよかったね



ぼぅちゃんのお詣りをちゃんと頑張ったふぅふぅ
きっとぼぅちゃんにいっぱい威張ってるだろうな~

ふぅふぅ 三七日

ふぅふぅ 三七日1



8月20日、21日目

元気にしてるのか、ぼぅちゃんに会えたのか、
全く気配を感じることもなく、夢にも出ず・・・
ってことは楽しく過ごしてるってことなのかな

最近、ふと、
ふぅふぅの体調で何かを見落としたり、見逃したりしたんじゃないか
と思うことがある

元気にご飯も食べてたのに、急に弱るなんてどこか悪くなってたのかもしれない
亡くなる前日のガーガーと大きな呼吸音は肺炎をおこしてたんじゃないかとか

後悔なんて全くないと思ってたのに、
日が経つとやはり一通りの後悔が過るものなのか

いない事が不思議なくらいにいて当たり前の存在だったんだなと、
毎晩おやすみの声をかける度に思う



ふぅふぅ 三七日2




ブリーダーさんちにお迎えに行った時から、ずーーーーーーーっと
こうやって見つめ続けてたもんね

なんでいないんだろうって不思議な感じだよ
やはりまだ亡くなったことを理解できてないのかなぁ


pinkdot.gif


そうそう、ふぅふぅの三七日の夜
十数年ぶりにレオの夢を見た

おかえり~ってその大きな体を抱きしめた
傍にはレオより一回りほど大きな黒っぽいもこもこしたワンコさん
お友達ができたんだ よかった って思ったけど、
あれ?ライちゃんは?
いつも一緒に帰ってきてたのに、なんで今は一緒じゃないんだろう

もしかして、ふぅふぅはライコだった?
ストーカーぶりとうるちゃいお口はふたりの共通点
あ、そして女子力高めなところも(笑)

その事をレオは教えに来たのかな?



なんて、勝手な解釈ですが(^^;


もしそうだったら嬉しいな~ってかあさんは思うよ


該当の記事は見つかりませんでした。