lead an easy life*

ミニシュナのぼぅちゃん&ふぅふぅと桜花の日々徒然
MENU

デニ君、いらっしゃい

デニ君、いらっしゃい1



11月9日、ぼぅちゃんの18回目の月命日の日
仙人おじぃ仲間のデニ君が遊びに来たよ

翌日、霊園での月供養祭に一緒に行くので
レノちゃん、ジャンケンも来てくれたよ
一人っ子になってしまったしゅーちゃん、嬉しいね




デニ君、いらっしゃい2

ひっそり一人を満喫中のレノちゃんを迷惑小僧が襲撃(^^;



デニ君、いらっしゃい3


大きさもほぼ同じだし、お年も一緒だし、
しゅーちゃんにはふぅふぅに見えてたのかもしれないね~(笑)

犬さん達がそれぞれ寛いでいる間、人間さんはおでん&yukaちゃん惣菜でイッパイ
いつもおいしい料理を作ってきてくれてありがとうね!





翌日、庭で朝チコタイム


デニ君、いらっしゃい4


レノちゃん&しゅーちゃん
S&Pのシュナさんは砂利と同化しちゃうよね(笑)




デニ君、いらっしゃい5

ジャンケン&レノちゃん、なにやらひそひそ話




供養祭ではデニ君と仲良く並んだふぅふぅさん
ぼぅちゃんがいなくなってからは、随分とデニ君にお世話になったね
供養祭初めてのデニ君が迷わないようにちゃんとお世話のお返しできたかな
(さすが仙人!デジタルな世界だよ^^)


デニ君、いらっしゃい6



レノちゃんと

デニ君、いらっしゃい7



ジャンケン

デニ君、いらっしゃい8



そしてしゅーちゃんも

デニ君、いらっしゃい9



ちゃ~んとなむなむしたよ



月供養の後、塔婆供養をしてもらったふぅふぅさん
甘くて美味しそうなお名前のお友達と並ばせてもらったよ


デニ君、いらっしゃい10




デニ君、ふぅふぅのお名前読み上げられるとね
やっぱり涙がぽろぽろり・・・
旅だったんだよって何度も念を押されてる気がするなぁ


この日は霊園は違うけどココちゃんも四十九日法要だったんだよね
元気だった姿が浮かぶだけにいなくなったことがまだ信じられないよ
お空組がどんどん増えて、なんだか寂しい気分だけど
亡くなった子達を思うと一人じゃないんだとちょっぴり安心できる


供養祭の後は公園でお散歩したよ~ 《続く》

ふぅふぅ 百箇日

ふぅふぅ 百箇日




11月7日、今日は百箇日
亡くなって百日になる頃には寂しさや悲しみも癒えてくる、
らしいけど・・・

ぼぅちゃんの時もそうだったけど、
もう百日?いや、まだ百日?って過ぎた日の感覚がおかしい
寂しさ悲しさが癒えてきてるのか、それともまだ続いているのか
それさえもよくわからない

もういなくなってしまった事を、頭と心が認めようとしないのかもしれないね

しゅーちゃんを抱っこする時、ぼぅちゃんを、ふぅふぅを思ってしまう
十分すぎるほど一緒に時を過ごしたのに、もっともっとと欲深くなる
もう一度触れることができたとしたら、さらに強欲になるんだろうね
それもまた困ったものだね


百箇日と関係があるのかないのか、妙な夢を見た

なぜかふぅふぅの口を縫い針で縫っていて、
あぁ、痛そうだなとか思いながらしっかりと縫っている
ぼぅちゃんの時も痛そうだったけど、やっぱり縫うのは辛い
両端だけ縫って、真ん中だけ縫わないでいようか

なんて考えていたら、だらりとしていたふぅふぅが一瞬瞬きをした
あ!まだ生きてるかもしれない!とふぅふぅを凝視している私


変な夢
なぜ口を縫う?

「ふぅふぅがうるちゃいさんだからでつか?」@ふぅ

ぼぅちゃんの口も縫ったらしいし、
もしや口から魂が出ていかないようにしてたのかな?
私の深層心理を知りたい(^-^;



今度の日曜日、霊園で百箇日の塔婆供養をお願いしています
その日はデニ君も初めての月供養だね
二人のお名前読み上げられたらまた泣くなぁ


いつまでも泣いちゃいけないってわかってるんだけどね


該当の記事は見つかりませんでした。